「石井家の食卓」をご覧頂きましてありがとうございます。

TWO WEEKS日本版の脚本やキャストは?主題歌は誰の曲?

こんにちは。

コピーライターの石井です。

 

今回は2019年夏に放送が開始される「TWO WEEKS 日本版」の脚本やキャスト、あらすじなどについてまとめました。

 

原作の「TWO WEEKS」は韓国でとても人気のあるドラマで、2019年夏に日本で放送されるドラマはそのリメイク版になります。

 

「TWO WEEKS 日本版」の原作については、こちらの記事で書いていますので、ぜひご覧になってみてください。

2019年夏ドラマの原作まとめ

 

「TWO WEEKS 韓国版」も併せて観てみると、「TWO WEEKS 日本版」と比較ができて、面白いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

TWO WEEKS 日本版の基本情報

  • 放送局:カンテレ・フジテレビ系列
  • 制作:カンテレ
  • 放送日:火曜21時から
  • 初回放送日:7月16日

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS 日本版の脚本はだれ?

TWO WEEKS 日本版の脚本は、山浦雅大さんです。

 

山浦雅大 プロフィール

  • 生年月日:1978年1月1日
  • 星座:やぎ座
  • 出身地:東京都
  • 出身校:立教大学文学部卒業

 

山浦雅大 受賞歴

2002年 第14回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞『オカンは宇宙を支配する』

 

山浦雅大さんは、主にテレビドラマの脚本を手がけています。

 

山浦さんが脚本を書かれている最近の作品では、テレビ朝日系列で毎週金曜の23:15から放送されている連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」があります。

 

山浦さんは、この他にもたくさんの脚本を書かれていますが、フジテレビ系列で放送されたあの「世にも奇妙な物語」の脚本も書いています。

 

山浦さんが「世にも奇妙な物語」の脚本を書かれた作品は、以下のとおりです。

  • 2003年 「追いかけたい」、「遠すぎた男」
  • 2004年 「サイゴノヒトトキ」、「地獄は満員」
  • 2005年 「倦怠期特効薬」
  • 2010年 「殺意取扱説明書」
  • 2006年 「山田祭り」「占い」「オセロ」「彼もまた」

 

また、映画「ハルチカ」 も山浦さんが書かれた脚本です。

 


ドラマ「TWO WEEKS」はもともとは韓国のドラマですが、日本で放送される「TWO WEEKS 日本版」では、山浦さんが脚本を書かれることにより、また違った表現をしてくれるのではないかと思います。

 

韓国版の「TWO WEEKS」を観てから日本版の「TWO WEEKS」を観ると、「原作が同じでもこんなにも違った作品になるのか」、なんていう楽しみ方もできるかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS 日本版のキャストは?

ドラマ「TWO WEEKS 日本版」の主演は、三浦春馬さんです。

 

 

三浦春馬 プロフィール

  • 名前 :三浦 春馬(みうら はるま)
  • 生年月日 :1990年4月5日
  • 出身地 :茨城県土浦市
  • 身長 :178cm
  • 趣味・特技 :サーフィン、サッカー

 

ドラマ「TWO WEEKS 日本版」では、三浦さんは殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地を演じます。

 

三浦さんは、ドラマ「TWO WEEKS 日本版」で初めて「火9ドラマ」で主役を演じます。

 

三浦さんは現在29歳という若さですが、すでに役者として数々の賞を受賞しています。

 

三浦春馬 受賞歴

2007年度
第31回日本アカデミー賞・新人俳優賞映画『恋空』

2009年度
第63回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞『奈緒子』
第33回エランドール賞 新人賞

2013年度
第51回ギャラクシー賞 個人賞『僕のいた時間』

2014年度
第38回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞『永遠の0』[8]

2016年度
第24回読売演劇大賞 優秀男優賞・杉村春子賞『キンキーブーツ』

2017年度
第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞

Wikipediaより引用

 

三浦さんはテレビドラマの他に、映画やテレビCMにも多数出演しています。

 

三浦さんは、2009年放映の映画「ごくせん THE MOVIE」や2015年放映の映画「進撃の巨人」、2018年放映の「銀魂2 掟は破るためにこそある」などにも出演されています。

 

また、伊藤園の「お~いお茶」や、味の素の「クノール・カップスープ」などのテレビCMなどにも出演されています。

 

三浦さんはルックスも非常によく、とても爽やかでかっこいいですね!

 

2017年度には日本ジュエリーベストドレッサー賞も受賞しています。

 

趣味はサーフィンとサッカーということなので、きっと運動神経もいいでしょうね。

 

 

その三浦春馬さんと共演をするのは、芳根京子さんです。

 

 

芳根京子 プロフィール

  • 本名:芳根京子
  • 生年月日:1997年2月28日(22歳)
  • 出生地:東京都
  • 身長:159 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優
  • 事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 

芳根さんは、今回のドラマ「TWO WEEKS 日本版」では初の検事役に挑戦します。

 

芳根さんが演じるのは、父の復讐に燃える正義感あふれるヒロインです。

 

三浦さん同様、芳根さんにとっても今回のドラマが初の「火9ドラマ」出演になります。

 

また、芳根さんと三浦さんの共演は、三浦さんの女優デビュー作となった「ラスト♡シンデレラ」(2013年4月フジテレビ系列)以来ということになります。

 

 

 

芳根京子 受賞歴

2015年度
第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞(『表参道高校合唱部!』)
第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『表参道高校合唱部!』)

2016年度
BLOG of the year 2016・優秀賞(オフィシャル部門)

2018年度
第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞(『高嶺の花』)
第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『累-かさね-』『散り椿』)

Wikipediaより引用

 

芳根さんも三浦さん同様まだ若いですが、すでに数々の賞を受賞しています。

 

これらの受賞歴を見てみると、実力派の女優さんといってもいいでしょうね。

 

芳根さんは、中学2年生の時にギラン・バレー症候群を発症し、1年ほど学校に通うこともできないほどだったそうです。

 

しかし、その後病気を克服され、高校1年生のときに友達に誘われて行ったライブ会場でスカウトされて芸能界入りをしました。

 

芳根さんは2015年にはキャストオーディションに参加し、1000人以上の参加者の中から選ばれたという経歴もあります。

 

このように、芳根さんは数々のオーディションを勝ち上がっていることから、業界からは「オーディション荒らし」と言われています。

役者 オーディション
luxstorm / Pixabay

 

しかし、「オーディション荒らし」という言葉とは裏腹に、芳根さんは今までに何度もオーディションに落ちているそうで、あまりオーディションを受けるのは好きではないようです。

 

それにしても、「オーディション荒らし」というネーミングはもっといいのがなかったのでしょうかね。

 

「オーディションの女王」とか。

 

また、芳根さんはテレビドラマの他にテレビCMや映画の吹き替えのお仕事もされています。

 

芳根さんが出演したテレビCMは多数ありますが、僕が印象に残っているのは以下のCMですね。

 

  • 弥生会計「弥生18 シリーズ」
  • 代々木ゼミナール
  • アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」
  • ニベア花王「ニベア デオドラント アプローチ」

 

芳根さんが映画の吹き替えを担当したのは、2018年3月に東宝東和で放映された映画「ボス・ベイビー」です。

映画『ボス・ベイビー』日本語版予告編へのリンク

 

この映画で芳根さんは、ティム の吹き替えを担当しています。

 

芳根さんのティム の吹き替えは、かなり評判がよかったようですね。

 

 

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS 日本版のあらすじは?

三浦春馬さん演じる結城大地は、服役した経歴持ち、出所後も人生に希望を持つことができず、日々単調な日々を送っています。

 

しかし、ある日のこと、結城がかつて愛していた女性が現れ、結城との間に生まれた「はな」という存在がいることを告げます。

 

「はな」は今年で8歳だが、現在白血病を患っており、骨髄移植手術でしか治る術がないことを結城に伝えます。

手術
sasint / Pixabay

 

結城は初めは戸惑いましたが、自分の娘である「はな」と病院で会ってかは、深い愛情を持つようになります。

 

そして、「はな」に骨髄を移植してくれるドナーも見つかり、結城は次第に人生に対して希望を見出していきます。

 

そんなある日、結城はある者の策略によって濡れ衣を着せられて、逮捕されてしまいます。

 

「はな」の骨髄移植の手術は、その二週間後に行われます。

 

結城は、このままでは「はな」の骨髄移植手術に間に合わないと悟り、「はな」の命を救うために逃亡劇を企てます。

 

 

 

愛する娘に出会い希望を見出したところに、ありもしない罪を着せられて逮捕されるなんて、なんてツイてないんでしょうね。

 

このツイてなさは、まるで映画「ダイ・ハード」のようですね。

 

 

 

スポンサーリンク

TWO WEEKS 日本版の主題歌は?

ドラマ「TWO WEEKS 日本版」の主題歌は、ドラマの主演を務める三浦 春馬さんの「Fight for your heart」に決定しました。

 

表題曲”Fight for your heart”は、家族、恋人、友人といった「自分が愛するもののために闘う、そのために全てをかけて生き抜く」という大きなテーマのもとに制作。
EXO、SHINeeなどをプロデュースするJeff Miyaharaが作曲、三浦大知、安室奈美恵などに詞を提供している岡島かな多が作詞を担当。
力強いピアノの旋律とストリングス、普段の芝居からは想像も出来ない三浦春馬のハイトーンボイスで疾走感のある楽曲!

TOWER RECORDS HPより引用

 

 

ちなみに、ドラマ「TWO WEEKS 日本版」の音楽を担当するのは、木村秀彬さんです。

 

木村秀彬 プロフィール

  • 名前:木村秀彬(きむら ひであきら)
  • 出身地:東京都
  • 学歴:早稲田大学政治経済学部
  • 留学経先:バークリー音楽大学
  • 職業:作曲家、編曲家

 

木村さんは、早稲田大学入学後、独学で音楽を学び始め、その後、音楽の理論や編曲を学ぶためにアメリカマサチューセッツ州にあるバークリー音楽大学に留学しました。

 

木村さんは、テレビドラマや映画、CD・DVDなどに曲を提供されています。

 

TVアニメ「弱虫ペダル」のに収録されている「浪速のスピードマン」や2013年に放映された劇場版「銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ」の音楽も木村さんが担当された音楽です。

音楽
Free-Photos / Pixabay

 

また、木村さんはNHKスペシャルの音楽なども手がけています。

 

木村さんは、テレビドラマから映画、CD・DVDに至るまで、実に幅広い音楽を作られています。

 

ドラマは主題歌やバックミュージックによってイメージがかなり左右されます。

 

今回のドラマ「TWO WEEKS 日本版」では、どのような音楽を提供してくれのでしょうか。

 

 

 

TWO WEEKS 日本版のロケ地は?

ドラマ「TWO WEEKS 日本版」のロケ地に関しては、まだ情報がありません。

撮影 ロケ
t_watanabe / Pixabay

 

分かり次第、情報をアップしていきます。

 

ドラマ「TWO WEEKS 日本版」は、もともとは韓国のドラマですが、今回は日本でのリメイク版なので、おそらくロケは日本でするのではないかと思います。

 

登場人物が日本人なのに、韓国の施設だったり、エキストラが韓国人では不自然ですからね。

 

 

まとめ

今回は2019年夏に放送が開始されるドラマ「TWO WEEKS 日本版」の脚本やキャストについてまとめてみました。

 

オリジナルの韓国版「TWO WEEKS 」のレビューを見ると、かなり面白いという意見が多いですね。

 

今回日本で放送される「TWO WEEKS 」はリメイク版になりますが、脚本や演出によってまた違ったドラマに仕上がるのでないかと思います。

 

オリジナルのドラマが評判がいいだけに、日本版の「TWO WEEKS 」にも期待したいですね。

 

 

スポンサーリンク
>
CTR IMG