"/>

栄養

サポニンとは?その効果と種類について

更新日:

サポニンとは植物の根や葉や茎などに多く含まれていて、
苦味やえぐみの元となっている成分です。

 

サポニンを多く含んでいる食品としては、大豆、田七人参、高麗人参、アマチャズルなどがあります。

とくにマメ科の植物に多く含まれています。

 

サポニンは、食べ物からも摂取できますが、
効率的に摂取する方法としては、サプリメントやお茶などで摂取する方法があります。

 

サポニンの種類によっては、1日に摂取できる目安量があるので、摂取する場合は注意が必要です。

たとえば、大豆サポニンの場合は1日に100mgとなっています。

 

サポニンの種類によっては、過剰に摂取すると吐き気をもよおす事もあるので、
過剰な摂取には気をつけなければなりません。

 

サポニンには植物ごとにいくつかの種類があり、
その種類によって含まれている種類は異なります。

 

大豆に含まれているのは大豆サポニンでと呼ばれ、
高麗人参に含まれているのは高麗人参サポニンと呼ばれています。

 

サポニンの特徴としては、水と油の両方に溶ける性質を持っています。

 

また、サポニンは殺菌作用や抗菌作用を持っており、
発泡作用もあることから天然の界面活性剤として使用されることもあります。

 

サポニンの主な効果としては、血中コレステロール値を下げるという効果があります。

 

血中コレステロール値が上がると血中の悪玉コレステロールが多くなり、
それが酸化してしまうと血液の流れが悪くなります。

 

血液の流れが悪くなると、血液がドロドロ状態になります。

 

酸素や栄養は血液にのって体の各部に運ばれるので、
細胞の隅々まで酸素や栄養を届けるのが難しくなります。

 

その結果、動脈硬化などの症状を引き起こすという事につながっていきます。

 

大豆サポニンには、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、
血栓の基になっている過酸化脂質を抑制する効果も持っています。

 

サポニンの持つ血中コレステロール値を下げる以外の健康効果としては、
肥満の予防、血流の改善、肝機能向上、免疫力の向上、せきの抑制などが期待できます。

 

サポニンには、腸で吸収したブドウ糖を脂肪と結合しないように抑制する効果があるので、結果的に脂肪の蓄積を抑える事につながり、肥満の予防にも効果が期待できます。

 

高麗人参サポニンには、血小板の凝縮を抑えて毛細血管の血流を改善する作用があるため、体内の血流の流れがスムーズになります。

-栄養

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。