"/>

栄養

カロテノイドとは?その種類と効果について

更新日:

ルテインとはカロテノイドの一種で、現在確認されている種類だけでも600種類以上あります。

 

この中でも、私達が普段の摂取している食品の中には、およそ40から50種類のカロテノイドが含まれていると言われています。

 

カロテノイドは、赤、黄色、橙などといった色彩が鮮やかである事が特徴です。

 

ニンジンが鮮やかな橙色をしているのは、α-カロテンや、β-カロテンというカロテノイドが含まれているからです。

 

トマトが赤いのはリコペンというカロテノイドが含まれているからで、ホウレンソウなどの葉物の野菜にも、ルテインやカロテンなどといったカロテノイドが含まれていますが、これらが緑色をしているのは、葉緑素によるものです。

 

またルテインが含まれている食品は、マリーゴールドやトウモロコシなどのように黄色の彩りになります。

 

カロテノイドは、どの種類でも抗ガン作用や、抗酸化作用などの効果があり、私達の体にとってたくさんの良い影響を与えてくれる事がすでに判っています。

 

特に研究が進んでいるアメリカでは、1990年代以降からは、アメリカ食品医薬品局という組織などが中心になり、盛んに研究が行われています。

 

どのように研究が進められたかというと、最初に人の血液の中に含まれているカロテノイドの成分を分析して、その特定のカロテノイドが体に与える影響と病気との関係性を調査するという方法で進められました。

 

その研究の結果、血液中にリコピンというカロテノイドが多く含まれている人は、前立腺ガンを発症する確率が低いといった事がわかっています。

 

このような研究の結果、ゼアキサンチンとルテインというカロテノイドは、特に目に影響を与えるカロテノイドである事がわかってきました。

 

カロテノイドは、体内に摂取されるとビタミンAに変わる事が明らかになっています。

 

ビタミンAという栄養素は、目にとってとても重要な栄養素で、物を見るという行為によって、その分だけビタミンAを消費します。

 

なので、カロテノイドを摂取する事は、目に良い影響を与えるという事が言えます。

 

ゼアキサンチンとルテインは目の黄斑部という組織に影響を与え、視力に関係するとても重要な役割を持っています。

ファイン ひとみの恵ルテイン40 30日分

 

ゼアキサンチンとルテインの働きは、目や視力と多くの関わりがあります。

 

また、ゼアキサンチンとルテインは黄斑部が酸化して劣化するのを予防する働きもあります。

-栄養

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。