生活に役立つ情報や便利なアイテム・ツールなどをご紹介します

Windows用のおすすめランチャーアプリと言えばこれだ!

こんにちは。

コピーライターの石井です。

 

みなさんは、パソコンを使用する時、ランチャーアプリを使っていますか?

 

ランチャーアプリを使うと、よく使うアプリケーションやフォルダ、ファイルにすぐにアクセスできるようなり、パソコン操作にかかる時間を短縮する事ができます。

 

もし、毎日使うアプリを起動するのに、スタートメニューをわざわざ開いてクリックしていたり、よく使うファイルがフォルダの奥深くに保存されていたりしたら、時間をかなりロスしていますよ。

 

よく使うアプリやフォルダ、ファイルなどをランチャーアプリに登録しておくと、クリックひとつですぐに起動できるようになります。

 

今回はWindows用のおすすめのランチャーアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

 

ランチャー とは?

ランチャーといえば、最初に思い浮かぶのがMacですね。

 

Macのデスクトップの画面下には、かっこいいアニメーションのランチャーが配置されております。

 

あのMacのランチャーに憧れてMacを購入した人もいるのではないでしょうか?

 

ウィキペディアでランチャーの意味を調べてみると、以下のように書かれていました。

 

コンピュータ用語では、使いやすいようにファイルやアプリケーションソフトウェアを、ショートカットキーのキーボード操作や、ボタンのクリックひとつなどの簡単な操作で起動できる機能である。近年のグラフィカルユーザインターフェース(GUI)を備えた大抵のオペレーティングシステムに、標準で備えられている機能であるほか、ツールソフトウェアの形で、様々なものが提供されている。

Mac OSであればアップルメニュー、NEXTSTEPやmacOSであればDock、Windowsであればスタートメニューがランチャーといえる。また、ツールソフトウェアでは、プログラム的に単純である事から様々な作者によるものが見られるほか、他のアプリケーションソフトの付属機能として組み込まれている場合もある。

→ウィキペディアより引用

 

よく使うフォルダやファイルに素早くアクセスするには、デスクトップにショートカットを設置しておくと便利です。

 

しかし、ショートカットをその都度作成していると、デスクトップ上にショートカットがどんどん貯まっていきます。

 

気付いたら、デスクトップがショートカットだらけになってしまったなんて事もあります。

アイコン
geralt / Pixabay

デスクトップにショートカットをたくさん並べておくと、Windowsの起動が遅くなる原因にもなりますし、ショートカットが多すぎてなかなか見つからず、逆に時間がかかってしまったなんて事にもなりかねません。

 

なので、デスクトップに設置するショートカットはできるだけ少なくしたいものです。

 

よく使うフォルダやファイル、アプリを素早く起動させるには、デスクトップのショートカットとランチャーアプリを使い分けするととても便利です。

 

 

スポンサーリンク

Windowsのおすすめランチャーアプリはこれだ!

それでは、Windowsのおすすめのランチャーアプリをご紹介します。

 

僕がおすすめするランチャーアプリは、nrLaunchです!

 

このnrLaunchは、通常は非表示になっていますが、ランチャーを表示させたい時には、マウスをデスクトップ上でくるくる回すとランチャーが表示されます。

マウス
O12 / Pixabay

普通のランチャーアプリは、常にデスクトップ上に表示されているので、場合によってはランチャーアプリがデスクトップのスペースを占領して邪魔に感じる場合があります。

 

また、ウィンドウやアプリを開いているとランチャーが隠れてしまい、ランチャーを操作する時には、ウィンドウやアプリを一度最小化する必要があります。

 

しかし、このnrLaunchはランチャーを表示させたい時にだけランチャーを表示させる事ができるので、とても使い勝手がいいです。

 

僕はこのランチャーアプリを使うようになってから、デスクトップのショートカットの数が少なくなって、パソコンのデスクトップがとてもすっきりしました!

 

このnrLaunchはWindows用のフリーソフトなので、無料で使用する事ができます。

nrLaunchのダウンロードはこちら

 

 

スポンサーリンク

ランチャーの設定の仕方

それでは、nrLaunchのランチャーの設定の仕方をご説明します。

 

まずは、マウスをデスクトップ上でくるくると回転させ、ランチャーを表示させます。

 

次に、ランチャーを表示させた状態で、ランチャーを右クリックします。

 

すると、ショートカットメニューが表示されます。

 

ショートカットメニューが表示されたら、環境設定をクリックします。

ランチャー
ランチャー環境設定

 

すると、メニュータブがいくつか表示されますので、その中の「起動」をクリックします。

 

起動メニューにある「スタートアップに登録する」をクリックすると、nrLaunchがスタートアップに登録され、Windowsが起動した時に自動的にnrLaunchが起動するようになります。

スタートアップ登録
ランチャースタートアップ登録

 

次に、マウスをどのように動かした時にランチャーを表示させるかを設定していきます。

 

環境設定の中にある「くるくるマウス」を開きます。

 

「くるくるマウスを使う」と書かれたチェックボックスにチェックを入れると、マウスを回転させた時にランチャーが表示されるようになります。

くるくるマウス 設定
くるくるマウスの設定

 

また、ランチャーを表示させるマウスの動きをお好みで設定できるようになっています。

 

基本的には、そのままで問題ありません。

 

設定が完了したら、右下の「適用」をクリックします。

 

次に、ランチャー上に表示させるボタンの設定をします。

 

先ほどと同様にランチャー上で右クリックをして、ショートカットメニューを表示させます。

 

ショートカットメニューが表示されたら、「ボタンの設定」をクリックします。

ランチャー ボタン設定
ボタンの設定

 

「ページのボタン」と「ボタンバーのボタン」の2つのタブがあるので、「ページのボタン」を開きます。

 

「ボタンの数」という項目では、ランチャーに表示させるボタンの数を設定できます。

ランチャー ボタン設定
ボタンの設定

 

また、ランチャーに表示させたい項目を、「アイコン」、「テキスト」、「両方」の3つから選択できます。

 

ランチャーに登録したフォルダやファイルが多くなってくると、何のアイコンかわかりずらくなるので、フォルダやファイルを登録する場合は、アイコンとテキストの両方を表示させるのがおすすめです。

 

また、「アイコン」の項目では、アイコンの大きさを設定する事ができます。

 

別タブにある「ボタンバーのボタン」では、ランチャー2段目のボタンを設定する事ができます。

 

以上でボタンの設定は完了です。

 

 

スポンサーリンク

ランチャーへのボタンの登録の仕方

それでは、ランチャーへのアプリのショートカットやフォルダを登録する方法をご紹介します。

 

ランチャーの右上に小さな丸が4つ表示されていますが、そのうちの右から2番目の丸(クリップ)をクリックします。

ランチャー 常に表示
クリップ

 

そうすると、ランチャーが常に表示された状態になります。

 

ランチャーを表示させた状態で、登録したいアプリのショートカットアイコンやフォルダをランチャー上へドラッグ&ドロップします。

 

すると、ランチャーにアイコンが自動的に登録されます。

 

ランチャーへのショートカットやフォルダの登録は、自分の使いやすいように工夫して登録すると良いでしょう。

 

僕の使い方は、ランチャーの上の段には、アプリのショートカットメニューを表示させています。

また、ランチャーの下の段には、フォルダを表示させています。

ランチャー
ランチャーへの設置の例

 

ランチャーへ登録したフォルダが複数あると、何のフォルダかわかりずらくなるので、ランチャーの2段目にはアイコンとテキストを表示させています。

 

こうすると、どのフォルダかひと目でわかるようになります。

 

もし、ランチャーへよく使うファイルも登録したい場合は、ランチャーの数を3段表示にして、1段目はアプリのショートカット、2段目はよく使うフォルダ、3段目はよく使うファイルなどと自分なりに工夫して登録するとさらに使いやすくなると思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ランチャーアプリを使うとよく使うアプリやフォルダ、ファイルに簡単にアクセスできるようになるだけでなく、デスクトップ上のショートカットを減らす事ができます。

 

Windows用のランチャーアプリはいくつかありますが、その中でもおすすめなのはnrLaunchです。

 

nrLaunchは、普段はランチャーを非表示にさせておき、使いたい時だけマウスをくるくると回転させるとランチャーを表示させる事ができるので、とても使い勝手がよいアプリです。

 

パソコン作業の時間短縮に、ぜひランチャーアプリを活用してみてください。

 

スポンサーリンク