生活に役立つ情報や便利なアイテム・ツールなどをご紹介します

松ヤニ疑惑のメジャー菊池!その真相は?

こんにちは。

コピーライターの石井です。

 

メジャーリーグ・マリナーズの菊池雄星投手が5月8日のヤンキース戦に登板した際に、松脂(松ヤニ)を使用したのではないかという疑惑が現地米メディアで報じられています。

 

その松脂疑惑の基となったのは、菊池投手がかぶっている帽子のツバ裏になにやら松脂のような物質が付いている写真です。

→菊池投手の問題の写真はこちら

 

メジャーの菊池投手は、登板の際に本当に松脂を使用したのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

松脂を投球の際に使用するのはなぜだめなのか?

そもそも、投手の松脂の使用がなぜだめなのでしょうか?

 

松脂とは、マツの木から分泌される天然樹脂で、主成分はテレビん油とロジンです。

 

松脂には粘着性があるため、よく滑り止めなどの用途に使われたりします。

 

野球でよく使われるロジンバッグは、松脂を固形状にしたものです。

 

ロジンバッグは、滑り止めの道具として投球の際の使用を正式に認められています

 

しかし、松脂を粘着性のある状態で使用する事は、スピットボールに該当するため禁止となっています。

 

スピッドボールとは、ボールにツバや松脂などの粘着性のある物質を付けて投球する事をいいます。

 

 

スポンサーリンク

松脂は変化球投手に有効!?

ボールに松脂を付けて投球すると、ボールに指が引っ掛かりやすくなるため、特に変化球が投げやすくなります。

 

なので、使用は禁止されてはいますが、ボールを大きく変化させたい時は、松脂は有効な手段になります。

変化球 バッティング
GAHAG

 

メジャーリーグでは、以前マイケル・ピネダ投手が投球の際に松脂を使用したとして、退場処分になりました。

 

この時、マイケル・ピネダ投手は、自身の首の部分に松脂を塗っていて、投球の際に首から松脂を指に付け投球していたようです。

 

マイケル・ピネダ投手の場合、試合中に審判がマウンドまで上がり、首に松脂が塗られているかを実際に審判が確認し、退場処分になりました。

 

松脂は野球のルールでは使用禁止にはなっていますが、ボールを大きく変化させる事ができるため、リスク覚悟で使用する選手もいるんですね。

 

 

スポンサーリンク

メジャー菊池投手投手は本当に松脂を使用したのか?

菊池投手の持ち味と言えば、なんと言っても最速158kmのストレートと高速スライダースライダーです。

 

菊池投手の投球内容のほとんどは、このストレートと高速スライダーで構成されています。

 

なので、菊池投手は、変化球投手というよりは本格派の速球投手です。

ピッチャー 投手
jeffbalbalosa / Pixabay

 

その速球を武器にする菊池投手が、果たして松脂を使用するかな?というのが僕の意見です。

 

疑惑になっている菊池投手のツバ裏の写真を見ると、確かに何やら付いていますが、果たしてそれが松脂なのか写真からはよくわかりません。

→Jcastニュースへのリンク

 

投手は、癖で投球前に帽子のツバに手をやる人もたくさんいます。

 

滑り止めのロジンバッグを手に取った後に帽子のツバに手をやると、帽子のツバ裏にロジンが付いて白くなります。

 

菊池投手のツバ裏の写真を見ると、見ようによってはロジンの粉のようにも見えます。

 

もし、帽子のツバ裏に松脂を付けていたとしたら、帽子のツバに触った後に松脂をボールに塗る動作が入るはずです。

 

しかし、菊池投手の投球の際の動作を見ると、帽子のツバを触った後にボールに松脂を塗っている動作には見えませんでした。

→YouTube動画へのリンク

 

どちらかと言うと、癖で帽子のツバに手を持っていってる印象を受けます。

 

また、マイケル・ピネダ投手の時のように、なぜメジャーの審判は試合中にマウンドまで行って、実際に菊池投手が松脂を使用しているかを確認しなかったのかなとも思います。

 

菊池投手にとっては、松脂を使用するメリットがあまりないので、松脂は使用していなのではないか、というのが僕の意見です。

 

 

スポンサーリンク

メジャー菊池投手プロフィール

  • 出身地:岩手県盛岡市出身
  • 出身高校:花巻東高校
  • 投球/打席:左投左打
  • 身長:184 cm
  • 体重:100 kg

 

西武ラインズに2010年から2018年まで在籍し、2019年よりメジャーリーグ・マリナーズへ移籍。

 

マリナーズとは4年契約で、年俸は3年目までは4300万ドル、3年目終了時に契約オプションが加わるという契約になっている。

 

契約オプションは、契約オプションは選手側が単年1300万ドル、球団側が4年6600万ドルと言われている。

 

菊池投手は、4月20日の対エンゼルス戦に今季(2019年)6度目となる先発で登板し、5回10安打4失点でメジャーでの初勝利を挙げた。

 

スポンサーリンク

まとめ

菊池投手といえば、日本を代表する素晴らしい速球投手です。

 

今回、投球の際に松脂を使用したという疑惑が上がっていますが、マスコミの報道に振り回されず、野球に集中して、今後も素晴らしい結果を出して欲しいと僕は思っています。

 

 

スポンサーリンク