生活に役立つ情報や便利なアイテム・ツールなどをご紹介します

iPhoneの充電状態をパーセント表示に変更する方法

こんにちは。

コピーライターの石井です。

 

今回は、iPhoneの充電状態をパーセント表示に変更する方法をご紹介します。

 

iPhoneの充電状態の表示は、初期設定のままだとパーセント表示にはなっていません。

 

iPhoneの初期設定では、画面の右上に電池のマークが表示されていて、バッテリーが減ってくると電池のマークの黒い部分が徐々に減ってきます。

 

この電池のマークでもバッテリー残量はある程度はわかりますが、バッテリー残量をパーセント表示にした方がより正確にバッテリー残量を把握できます。

 

僕は仕事でiPhoneを酷使するので、バッテリー残量にはいつも気を使っています。

 

なので、当然ですが、iPhoneの充電状態はパーセント表示に変更しています。

スポンサーリンク

 

iPhoneの充電状態をパーセント表示に変更するには?

それでは、iPhoneの充電状態をパーセント表示に変更する方法をご紹介します。

 

その方法は、とても簡単です!

 

まずは、iPhoneの設定画面を開きます。

iPhone 設定
iPhone設定画面

 

次に、バッテリーをタップしてバッテリーの設定画面を開きます。

 

バッテリーの設定画面が表示されたら、バッテリー残量(%)をONにします。

iPhone バッテリー 設定
iPhoneバッテリー設定

 

 

手順はたったこれだけです!

 

とても簡単なので、iPhoneの充電状態をまだパーセント表示に変更していない方は、ぜひ変更してみてください。

 

 

スポンサーリンク

iPhoneの充電器でおすすめと言えばこれだ!持ち運びも楽々!

僕はiPhoneを仕事で酷使するので、iPhoneを頻繁に充電します。

 

なので、iPhoneの充電器にもけっこうこだわっています。

 

僕が充電器でこだわっているポイントは、以下の3点です。

 

  • 充電時間が早い事
  • コンパクトで持ち運びしやすい事
  • 充電器の容量が大きい事

 

以上の点を踏まえた上で、僕がおすすめするiPhoneの充電器はこちらです。


Anker PowerCore 10000 Redux(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済 / PowerIQ & VoltageBoost搭載 / 低電流モード搭載】iPhone&Android対応

 

このAnkerのモバイルバッテリーは、コンパクトですが、容量がなんと10000mAh以上あります!

 

10000mAhをiPhoneやiPadの充電回数に換算すると、iPhone XSに約2.6回、iPad Pro (2018, 11インチ)に約1回という計算になります。

 

また、このAnkerのモバイルバッテリーは充電時間がとても早いのが特徴です。

 

Ankerのモバイルバッテリーは、最大2.4Aでの急速充電が可能なので、短時間でiPhoneを充電したい時にはとても便利です。

 

僕の場合は、ポケットにこのAnkerのモバイルバッテリーを入れておき、iPhoneに充電ケーブルを接続して、充電しながらiPhoneを使用する時もあります。

 

iPhoneはネックストラップを使用して首からぶら下げている事が多いので、充電ケーブルで充電しながらiPhoneを使用してもそれほど邪魔になりません。

 

また、このモバイルバッテリーの重さは、約180グラムしかありません。

 

約180グラムは、おおよそ玉子3個分ほどの重さに該当します。

 

このAnkerのモバイルバッテリーは、コンパクトで軽いので、とても持ち運びしやすいのもおすすめのポイントです!

 

 

また、Ankerはとてもサポートがしっかりしているメーカーです。

サポート
rawpixel / Pixabay

 

私は以前、別のAnkerのモバイルバッテリーを購入したのですが、たまたま初期不良の製品に当たってしまいました。

 

メーカーに連絡すると、無償ですぐに新品のモバイルバッテリーに交換してくれました。

 

それ以来、僕はモバイルバッテリーと言えば、Anker製の物しか使用していません。

 

 

スポンサーリンク

iPhoneを爆速で充電する方法とは?

先ほどご紹介したAnkerのモバイルバッテリーは、充電時間がとても早いので、短時間でiPhoneを充電する事ができます。

 

しかし、この方法を試すとさらに短時間でiPhoneを充電する事ができます。

 

iPhoneを爆速で充電する方法とは、iPhoneを機内モードにしてから充電します!

iPhone 機内モード
iPhoneの機内モード

 

飛行機にあまり乗る機会がない方は、おそらく機内モードはほとんど使った事がないのではないでしょうか?

 

機内モードとは?

機内モードとは、電話回線、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど、飛行機の運転に差し支えのある電波を遮断する機能です。機内モードをオンにすると、データ通信がストップし、インターネットやメール、電話が使用できなくなります。

一度この機内モードを設定すれば、飛行機に乗っていなくても、その間は電波を利用したすべてのサービスが停止されます。設定の仕方は機種によって多少異なりますが、設定中は画面の端に飛行機のマークが表示されます。機内モードをオンにしている間はデータの送受信は不可能となるため、通信料がかかることはありません。

エアトリより引用

 

機内モードは、電話回線、Wi-Fiなどの機能が停止されるため、バックグラウンドで動く機能が減少します。

 

そのため、バッテリーの消費が通常よりも抑えられるので、その分早く充電する事が可能になります。

 

なので、もしiPhoneのバッテリー残量がわずかになってきて、急いで充電しなければならない場合は、iPhoneを機内モードに変更してから充電してみてください。

 

きっとあまりの充電スピードに驚かれるはずです!

 

ちなみに、この機内モードで充電する方法は、Androidのスマホではできません・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

iPhoneの初期設定では、バッテリーの充電状態はパーセント表示にはなっていません。

 

しかし、簡単な手順で充電状態をパーセント表示に変更することができます。

 

充電状態をパーセント表示に変更すると、より正確に充電状態が把握できるようになります。

 

また、iPhoneを急いで充電したい場合は、機内モードに変更してから充電すると爆速でiPhoneを充電する事ができます。

 

iPhoneのバッテリー残量が残り少なくてピンチになった場合は、ぜひ機内モードでの充電を試してみてください。

 

 

スポンサーリンク