"/>

うつ

うつは食事にも原因あり!?うつと食事の関係性とは?

更新日:

近年、うつ病になる人が増加傾向にあり、働き盛りの30代〜50代の人に発症するケース事が多くなっています。

 

今の世の中、いつ誰がうつ病になってもおかしくないと言えるでしょう。

 

治療法の多くは、投薬や心理カウンセリングによるものですが、今までの食事を変える事によっても症状を改善する事ができます。

 

うつ病は、環境的な要因や性格によるものも大きいですが、食事の関係性も否定できません。

 

うつ病になった経験のある人の95%が食事になんらかの問題がある事がわかっています。なので、食事を改善する事でうつの症状が良くなる場合も大いにあり得ます。

 

普段から甘いものを多く摂取しがちな人や、無理なダイエットをして栄養分が不足するとうつの症状になりやすいと言われています。

 

うつ病は脳の中のセロトニンという神経伝達物質が関わっています。

この脳内物質のセロトニンが不足する事でうつ症状が引き起こされると言われています。

 

食事療法によるうつの治療法は、セロトニンの基となる栄養素を過不足なく摂る事で症状の改善を図っていきます。

 

セロトニンの原材料となるのは、トリプトファンと呼ばれる物質です。

主に納豆や豆腐などの大豆製品やバナナ、ナッツ類、卵、乳製品に多く含まれています。

 

しかし、これらの食品だけを食べればうつ症状が症状が改善するというものではなく、それ以外の栄養素もバランスよく摂取する事がとても大切です。

 

鉄分や亜鉛、ビタミンB群、たんぱく質の不足もうつの症状と大きな関係性があるため、普段の食事の際には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を含んだ食材をバランスよく摂る事を心がける必要があります。

 

また、低血糖症もうつ病と深く関わっていると言われています。

 

低血糖症は血糖値が低くなる事で起こる症状だと思われがちです。

 

しかし、血糖値が低くなる事だけが問題なのではなく、血糖値の上下の変動が大きかったり、インスリンが正常に分泌されなくなるなど、いろいろなパターンが見られます。

 

低血糖症になると、一日を通して血糖値を安定して維持する事ができなくなり、その不安定な血糖値の状態が体や心に大きな影響を及ぼします。

 

不眠症や集中力の低下、疲労感、倦怠感、不安などのうつ症状は、実を言えば低血糖症が原因となって起こるケースが多いと言われています。

 

低血糖症を改善するために不可欠な事は、甘いものや清涼飲料水、炭水化物などの糖質の摂取を控える事です。

 

食事の場合に野菜から食べると、血糖値の急激な上昇を防ぐ事ができます。
そういった、食べ方にを工夫するだけでも血糖値を安定させるとに役立ちます。

 

うつ病で苦しむ人が増えてきていますが、一般的な薬による治療や心理カウンセリングなどの治療では改善が見られないというケースもあります。

 

そういった人は、食事療法でうつ症状の改善を試みてみるのもいいのではないでしょうか。

-うつ

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。