生活に役立つ情報や便利なアイテム・ツールなどをご紹介します

車で休憩する時におすすめのグッズはこれだ!

こんにちは。

コピーライターの石井です。

 

今回は、車の中で休憩する時におすすめのグッズを2つご紹介します。

 

一つは、アイマスクです。

 

もう一つは、ネックピローです。

 

 

僕は仕事で車を利用して遠方に出かけることがよくあります。

 

外出先で疲れたなぁと感じた時は、よく車の中で休憩しています。

 

喫茶店でコーヒーを飲みながら休憩してもいいのですが、それだとリラックスはできますが、なかなか疲れが回復しません。

 

仕事や運転で疲れた時は、車の中で横になって仮眠するのが一番です。

 

今回は、車の中で休憩する時の僕のおすすめグッズを2つご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

車で休憩する時のおすすめグッズ アイマスク

車の中で休憩する時のおすすめグッズの1つ目は、アイマスクです。

 

アイマスクを付けて仮眠を取ると、ほんとに疲れがよく取れます。

 

人間は、情報の多くを視覚から得ています。

目 視覚
Skitterphoto / Pixabay

 

目から得た情報は、意識して見ているものもありますが、無意識に入ってくる情報もあります。

 

目から入ってきた情報は、たとえ意識していなくても常に脳に伝えられます。

 

なので、目から入ってくる情報を遮断すると、視覚から脳へ伝わる情報を遮断することができるので、結果的に脳を休めることになります。

 

なので、アイマスクを使って視覚からの情報を遮断して休憩すると、とても疲れが取れます。

 

また、ただ横になって目を閉じただけでは、まぶたを通して光が眼球に入ってきます。

 

そうすると、その光によって脳が覚醒してしまうので、仮眠をする時になかなか眠ることができません。

 

試しに、ただ目を閉じて仮眠をした時の状態と、アイマスクをして仮眠をした時の状態を比較してみてください。

 

きっとアイマスクをして仮眠をした時の方が、ずっと短時間で疲れが取れるはずです。

回復 疲れが取れる
Tabeajaichhalt / Pixabay

 

 

なので、僕は車で出かける時には、必ずアイマスクを持参しています。

 

アイマスクにもいろいろな種類がありますが、僕が使っているのは、ダイソーで買ったアイマスクです。

 

僕の場合、今のところこのアイマスクで十分です。

 

参考までに、Amazonでアイマスクを調べてみたところ、ほんとうにたくさんの種類のアイマスクがありました。

 

中でも、これいいな!と思ったのは、USBで加熱して目を温めるアイマスクです。


You&Me アイマスク 高温 ホットアイマスク 「 蒸気が持続する特殊撥水PU仕様 」 USB式

 

値段も手頃ですね。

 

 

目を温めると目の周辺の血流がよくなり、目の疲れが取れて楽になります。

 

また、目を温めると副交換神経が優位になり、リラックス効果も得られます。

 

僕は以前、朝がなかなか起きられなかったのですが、夜寝る前にホットアイマスクで目を温めながら寝るようになったら、あれほど朝起きられなかったのが、目覚まし無しですっきりと起きられるようになりました。

 

目の周りの血流って、とても大事なんだなと実感しています。

 

 

スポンサーリンク

車で休憩する時のおすすめグッズ ネックピロー

車で休憩する時のおすすめのグッズの2つ目は、ネックピローです。

 

僕は、車で仮眠を取る時は、運転席の座席を倒して仮眠を取っています。

 

しかし、運転席の座席を倒して横になり、ヘッドレストに頭を乗せると首が浮いた状態になります。

 

このままだと、首がシートから浮いていて、首の筋肉がずっと緊張したままなので、起きた時に首が痛くなります。

 

また、首がシートから浮いた状態で仮眠を続けると、首が痛くなり、頚椎がズレてしまうのではないかと心配になります。

むち打ち 頚椎のズレ
PAKUTASO

 

なので、首の下に腕を入れて腕枕にして仮眠を取っていたのですが、それでもやや首がシートから浮いた状態になるので、やっぱり起きた時に首が痛くなります。

 

また、長時間腕枕をしていると、腕がとてもしびれます。

 

なので、これを解消するためにネックピローを購入しました。

 

ネックピローを使うようになってからは、首がとても安定して、仮眠を取る時にとても楽になりました。

 

また、腕枕をしていると自然と腕にも意識が向かうので、仮眠をしててもぐっすりと眠ることができませんでした。

 

しかし、ネックピローを使用するようになってからは、腕に意識を向ける必要がなくなったので、今まで以上に気持ちよく仮眠が取れるようになりました。

 

ネックピローにもいろいろな種類がありますが、ネックピローを選ぶ際は、僕の経験上、クッション性と肌触りにこだわって選んだ方がいいですね。

 

首はタートルネックの洋服を来ている時以外は、肌が露出しています。

 

なので、肌触りが悪いネックピローだと寝ている時に不快感があります。

 

特に、100円均一などで売られているネックピローは、ビニール性で肌触りが良くないので、あまりおすすめしません。

 

ホームセンターや無印良品などに行くと、とても良いネックピローが売っていますので、ご自身で実際に肌触りを確かめて購入するのがおすすめです。

 

また、ネックピローは、クッション性に関しても、あまり柔らか過ぎると首が沈むので、首が安定しません。

 

なので、柔らか過ぎず、硬すぎずといった感触が僕としてはおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

車で外出した際に疲れた場合は、車の中で仮眠をすると疲れが取れてとてもスッキリします。

 

また、仮眠の質を上げるとさらに疲労回復効果が高まります。

 

車の中での仮眠の質を上げるには、アイマスクとネックピローがおすすめです。

 

ぜひ、車で外出する機会の多い方は、ぜひアイマスクとネックピローを試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク