"/>

自律神経

自律神経のバランスを整える3つの方法

更新日:

内臓を動かしたり、血液を循環させたりという行為は、私達が得に意識しなくても体内で無意識に行われています。

 

これらは、自律神経の働きによるものです。

 

自律神経は交感神経、副交感神経の2つに分けられます。

この2つの神経がうまくバランスを取りながら活動する事によって私達の健康が保たれています。

 

しかし、この働きのバランスが崩れてしまうと体にさまざまな影響を与えます。

 

例えば、めまいがする、動悸に襲われる、耳鳴りがする、眠れないといった症状が出て、いくら薬を飲んでも効果がないという場合もあります。

 

こうしたケースは自律神経の乱れが原因となっていて、それを改善する事が大切と言えます。

 

自律神経のバランスを改善するには、3つの事に注意する必要があります。

 

まず初めにに食事です。

 

バランスのいい食事を心がける事はとても重要な事です。

 

自律神経の乱れに悩んでいる人の多くの人は、朝食を食べいないという傾向があります。

そもそも、三食を食べていない人がとても多く、きちんと三食を食べる事はともて大切な事です。

 

2番目に大切な事は運動です。

 

運動をする事で交感神経が活発に働きます。

 

また、運動をすると体温が上昇し、血流も良くなります。

 

副交感神経が優位に働くようになり、夜に向けて次第にと体温が下がり、眠りにつきやすくなります。

 

逆に夜に交感神経を活発にさせてしまうと目が覚めてしまったり、あるいは体に負担をかける形で寝る事になるため注意が必要です。

 

最後はマッサージです。

 

筋肉が緊張している状態というのはリラックスとは無縁であり、交感神経がいつも働いている状況です。

 

筋肉がいつも緊張していると体のバランスが崩れ、体の歪みにつながり、体が酸素不足の状態に陥ります。

 

特に首の周囲には自律神経が集まっているため、首の周囲をマッサージしてほぐしてあげると自律神経を整える効果があります。

Naipo 首マッサージャー ネック・ショルダーマッサージ 器 ヒーター付き

 

お風呂に入る場合も首までつかり、血行を良くすることで体全体の緊張をほぐす事も大切です。

 

自律神経の乱れを改善するには、食生活の乱れを改善するだけではなく、普段の生活の集荷の見直しも不可欠になっていきます。

 

眠る時間もも可能な限り一定の時間にし、なるべくお酒などに頼らずに睡眠をとり、食事も三食もきっちりと食べ、定期的に運動をするという事を続けていけば、自然と自律神経の乱れは改善されていきます。

 

それに伴い、めまいや動悸、耳鳴りといった体の不調も改善されていき、健康的で元気が人生を過ごす事が可能になってきます。

-自律神経

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。