映画「イップマン 継承」のあらすじとキャスト!マイク・タイソンも登場!?

映画「イップマン 継承」は、「イップマン 序章」、「イップマン 葉問」の続編にあたるシリーズ3作目の作品です。

 

映画のタイトルにあるように、「イップマン 継承」は、チョン・ティンチとの詠春拳同門対決が最大の見どころです。

 

また、「イップマン 継承」には、あのマイク・タイソンさんがフランク役で登場するほか、ブルース・リーのモノマネで有名なチャン・クォックワンさんもブルース・リー役で登場します。

 

こちらのページでは、映画「イップマン 継承」のあらすじとマイク・タイソンさん、チャン・クォックワンさんの2名のキャストにスポットを当ててご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

映画「イップマン 継承」のあらすじ

舞台は1959年の香港。当時の香港は好景気に沸いていました。

 

イップマンは、香港で武館を開き、妻 ウィンシンと次男 イップチンの3人で暮らしていました。

 

イップマンは前作・イップマン 葉問でイギリスのボクシングチャンピオン・ツイスターに勝利した事もあり、香港でも武術家としても認めらるようになり、街でも人々から慕われていました。

 

ある日、次男のイップ・チンが学校で同級生とケンカをし、イップマン夫婦は学校に呼び出されます。

 

イップチンのケンカの相手は、チョン・ティンチ(マックス・チャン)の息子でした。

 


チョン・ティンチは、同じ詠春拳の同門で、梁贊の孫弟子にあたります。

 

そのチョン・ティンチは、詠春拳の武館を開くために車夫をしながら男手一つで息子を育てていました。

 

息子同士のケンカは、お互いに非を認め、無事に和解しました。

 

この事をきっかけにして、イップマンとチョン・ティンチは知り合い、チョン・ティンチは、同じ詠春拳の同門として、いつかお手合わせ願いたいとイップマンに申し出ます。

 

チョン・ティンチは、武館を開く資金を稼ぐために、違法な賭け試合に出て資金集めをする日々を送っていました。

 

その賭け試合の場を仕切っていたのは、アメリカ人のフランク(マイク・タイソン)でした。

 

フランクは、イップマンやチョン・ティンチの息子たちが通っている小学校の土地を買い占める事を目論んでいました。

 

そして、手下のマー・キンサン(パトリック・タム)に「早くなんとかしろ」とフランクは指示を出します。

 

フランクから圧力をかけられたマー・キンサンは、小学校に火を付けるなどの嫌がらせをして、小学校の立ち退きを試みます。

 

しかし、イップマンやその弟子達が、自主的に小学校の警備にあたり、マー・キンサンの目論みを阻んでいました。

 

ついに、マー・キンサンは、イップマンの息子とチョン・ティンチの息子を誘拐し、イップマンに謝罪させ、小学校の警備から手を引くことを強要してきます。

 

そこにチョン・ティンチが現れ、イップマンとチョン・ティンチは、マー・キンサン一味と闘い、無事に息子たちを救出する事ができました。

 

その頃、イップマンの妻 ウィンシンの体に異変が起きていました。

 

ウィンシンが病院に行って検査してもらったところ、下腹部に腫瘍ができていて、余命は半年ほどと言われました。

 

それからというもの、イップマンは妻の事を想い、できるだけ妻と一緒に時間を共にするようになりました。

 

ある日、イップマンとウィンシンが薬局に薬をもらいに行った帰り道、フランクの送り出した刺客でムエタイの達人(サラット・カアンウィライ)に襲われます。

 


イップマンは、ムエタイの達人に圧勝し、難を逃れましたが、妻 ウィンシンにまで危害が及んだ事にイップマンは怒り、フランクの元へ直接出向きます。

 

そして、イップマンはその場でフランクに決着を申し出ます。

 

フランクは、イップマンに「3分勝負でお前が立っていられたらこの件からは手を引く」と言い、目覚まし時計を3分にセットします。

 

そして、ついにイップマンとフランクの闘いが始まります。

 

闘いは、フランクのスピードとパワーに押されながらも、イップマンも互角に闘い、ついに3分を知らせるベルが鳴りました。

 

一方、チョン・ティンチは、マー・キンサン一味を退治した際に、イップマンだけが脚光を浴びた事に不満を持っていました。

 

チョン・ティンチは、自分の名声を上げるために、マスコミを巻き込みながら香港の武術の師匠達に闘いを申し出、次々に倒していきます。

 

そして、チョン・ティンチの名前は、次第に香港の武術会に知れ渡り、ついに詠春拳の武館を開く事ができました。

 

チョン・ティンチは、武館を開いた後、マスコミを通じて「イップマンの詠春拳は正統な詠春拳ではない。どちらが正統な詠春拳か決着をつける」と言い、イップマンに決着を申し出ます。

 


その頃、イップマンの妻 ウィンシンの様態は次第に悪化していたため、イップマンはチョン・ティンチの決着を無視し、余命が短くなってきた妻と一緒に時間を過ごします。

 

しかし、妻のウィンシンは、私に遠慮せず、チョン・ティンチとの決着に挑んで欲しいとイップマンに伝えます。

 

こうして、イップマンとチョン・ティンチの一騎打ちが始まります・・・。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ブルース・リー役 チャン・クォックワン

映画「イップマン 継承」のオープニングでは、若き日のブルース・リー(李小龍)が登場します。

 

イップマンに自分のスピードをアピールし、弟子入りを志願しますが、このブルース・リーを演じているのが、チャン・クォックワンさんです。

 

チャン・クォックワンさんは、香港の俳優さんですが、5歳頃に観たブルース・リーの映画「ドラゴン怒りの鉄拳」を観て、ブルース・リーに魅了されたそうです。

 

チャン・クォックワンさんは、子供の頃からブルース・リーの映画を繰り返して観るなどして、ブルース・リーの喋り方や小さな動きにいたるまで、ブルース・リーのマネをしていました。

 

それゆえに、チャン・クォックワンさんは、彼の母や近所の人、学校などでも「小龍」と呼ばれていたそうです。

 

日本には、アントニオ猪木さんのモノマネをする「春一番」さんがいましたが、チャン・クォックワンさんのブルース・リーのモノマネは、もはやモノマネの域を超えて、本当のブルース・リーが演じているようでした。

 

チャン・クォックワンさんは、映画俳優の仕事をするまでは、販売員、ペンキ工、土木作業員、ダンサー、ダンスの振り付け師などの仕事をしていました。

 

チャン・クォックワンさんは、1996年に手伝いで香港の李小龍會(ブルース・リー・クラブ)で写真を撮っていたところ、香港の映画監督で、俳優でもあるチャウ・シンチーの目にとまり、スカウトされました。

 

映画「イップマン 継承」の中では、チャン・クォックワンさん演じるブルース・リーが、イップマンにダンスを教えるシーンがありますが、チャン・クォックワンさんは映画の中だけではなく、本当にダンスの仕事をしていたんですね。

 


チャン・クォックワンさんがダンサーだったなんて、ブルース・リーのモノマネのイメージからは、ちょっと想像できませんでした。

 

チャン・クォックワンさんは、映画「イップマン 完結」にもブルース・リー役で登場しますが、ブルース・リーを演じる俳優さんは、もうチャン・クォックワンさんしかいないっていうくらいハマリ役ですね。

 

 

チャン・クォックワン プロフィール

  • 生年月日:1975年8月1日
  • 出身地:香港
  • 職業:映画俳優
  • 仕事のジャンル:映画、テレビドラマ

 

チャン・クォックワンの主な出演作品

  • 少林サッカー(2001年)
  • ツイ・ハークの 霊戦英雄伝(2002年)
  • カンフーハッスル(2004年)
  • ブルース・リー伝説(2008年 )

 

 

スポンサーリンク

フランク役 マイク・タイソン

映画「イップマン 継承」の中で、闇試合の黒幕・フランクを演じているのは、あのマイク・タイソンさんです。

 


マイク・タイソンさんは、言わずとしれたボクシング・ヘビー級の元世界チャンピオンで、当時WBA・WBC・IBFと3つの団体を統一し、ボクシング界を圧巻した人物です。

 

現在は、スタンドアップコメディアンとして活動しています。

 

マイク・タイソンさんと言えば、ピーカーブー・スタイルの低い構えから、どんどん前に出ていくボクシングスタイルが印象的でした。

 

パンチ力とスピードも桁外れで、ヘビー級としては小柄ですが、自分よりも大きい選手を次々にKOしていきました。

 

映画「イップマン 継承」の中では、イップマンとマイク・タイソンさん演じるフランクが3分間だけ闘うシーンがあります。

 

映画の中では、フランクが低い構えから前進してくる様子をイップマンから観たカメラアングルで撮影したシーンがあります。

 

この映像がまさにド迫力で、フランクが下から迫ってくるプレッシャーが凄まじくて、対戦相手はこんなプレッシャーの中で闘っているのか?と怖くなるくらいの迫力でした。

 


イップマンもスピードとテクニックでフランクに対抗しますが、やはり体格差の影響は大きく、フランクのパワーにかなり押されてしまいます。

 

しかし、イップマンは、スピードのある手技と足技でフランクを連打し、体格差のあるフランクと対等に闘います。

 

そして、決着がつかないまま、3分にセットした目覚まし時計のベルが鳴ります。

 

この目覚まし時計っていうのが、なんともアナログな感じで、ボクシングのゴングをイメージさせるようなリアリティを感じさせました。

 

映画を観てる側としては、イップマンに勝って欲しい気持ちがありましたが、やはり体格差を考えれば、あの終わり方が妥当なのかなと想いました。

 

ちょっと腑に落ちなかった点が、フランクはあれだけ小学校の土地を買い占めようとしてたのに、イップマンと3分間闘って引き分けたら、それから簡単に手を引いた所です。

 

それだけフランクは、格闘技をリスペクトしているのかな?とも受け取る事ができますが・・・。

 

 

マイク・タイソン プロフィール

  • 本名:マイケル・ジェラルド・タイソン
  • 生年月日:1966年6月30日
  • 身長:178cm
  • リーチ:180cm
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州

 

 

マイク・タイソンの主な出演作品

  • クロコダイル・ダンディー in L.A. (2001年)
  • ロッキー・ザ・ファイナル (2008年)
  • ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009年)
  • ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える (2011年)
  • リベンジ・マッチ(2013年)
  • キックボクサー ザ・リベンジ (2018年)

 

 

スポンサーリンク

まとめ

これまで、映画「イップマン 継承」のあらすじとマイク・タイソンさん、チャン・クォックワンさんの2名のキャストにスポットを当ててご紹介してきました。

 

映画「イップマン 継承」は、イップマン対ムエタイ、イップマン対マイク・タイソン、イップマン対チョン・ティンチの詠春拳同門対決など、非常に見応えのある格闘シーンが満載です。

 

「イップマン 誕生」、「イップマン 葉問」と観た方は、もう「イップマン 継承」を観ずにはいられないですね。

 

関連記事

映画「イップマン」は、香港の武術家で詠春拳の達人であるイップマン(葉問)を主人公にしたアクション映画です。 イップマン自体は実在の人物でしたが、映画「イップマン」は、映画として脚色されています。 […]

カンフー

映画「イップマン」シリーズをお得に観るならU-NEXT

  • イップマン 序章(無料)
  • イップマン 葉問(無料)
  • イップマン 継承(無料)
  • イップマン外伝 マスターZ(レンタル550円)
  • イップマン 誕生(取り扱いなし)
  • イップマン 最終章(無料)
  • グランド・マスター(無料)

 

(無料)と記載のあるタイトルは、U-NEXTの31日間無料トライアルで無料で視聴できます。レンタルと記載のあるタイトルは、レンタル料金がかかりますが、31日間無料トライアルで600円相当のポイントが付与されるので、ポイントを使用すれば実質無料で視聴できます。イップマン 誕生だけ取り扱いがないので、イップマン 誕生はツタヤなどでレンタルするのがおすすめです。



スポンサーリンク