栄養

オメガ3は生活習慣病に効果があるのか?

更新日:

日本人の三大死因のうちの2つである心疾患や脳疾患の原因には、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病が多く影響していますが、これらの生活習慣病を予防するのには、オメガ3系脂肪酸が効果的です。

 

このオメガ3とは、DHAやEPAなどの脂肪酸の事で、これらには健康にとっていろいろな効果がある事がわかっています。

 

たとえば、北極圏に住むイヌイットは、野菜や果物などを殆ど口にしませんが、心筋梗塞になる比率がかなり少ないと言われています。

そのイヌイットの体を検査したところ、動脈硬化などは殆ど見られず、血液がサラサラで健康そのものである事がわかりました。

 

その理由は、イヌイットがアザラシを良く食べていた事に原因があります。

 

アザラシの主な主食は、アジなどの青魚で、これらの青魚にはオメガ3系脂肪酸が豊富な事から、アザラシの肉にもオメガ3が豊富に含まれていました。

 

なお、魚を中心としたイヌイットの食生活に比べ、肉を中心とした食事のデンマーク人は、心筋梗塞などの心疾患による死亡率がイヌイットの7倍にも上る事が研究結果でわかっています。

 

高血圧と診断された事例の多くは、その前に体の中で動脈硬化が始まっており、
血流が悪く、血管が硬くなっている事が少なくないのです。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えると血管が狭まくなるので、血流を良くするためにさらなる圧力がかかり血圧が高くなります。

高血圧は、狭心症や心筋梗塞など他の病気に繋がる可能性があるので、高血圧を予防する事はとても大切です。

 

高血圧の予防には、オメガ3系脂肪酸が役立ちます。

 

オメガ3を摂取する事で、血液がサラサラになり、血管の隅々にまで血液が送られるようになります。

 

オメガ3は水に溶けやすく、固まりにくい特性があるため、動脈硬化の予防や心筋梗塞、心疾患、脳梗塞などの血管系疾病の予防にも役立ちます。

 

DHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸を摂取すると血管に付着していたコレステロールも取り除く事ができるため、血圧下げる効果も期待できるだけでなく、赤血球を柔らかくし、血液中の脂質のバランスを整えるので、血管が傷つける事なく動脈硬化を防ぐ事がでいます。

 

また、血流が改善される事で、血圧が下がり心臓病のリスク軽減にも役立ちます。

 

高血圧などの生活習慣病を防ぐには、普段からDHAやEPAを多く摂取する食生活を心掛けるようにする必要があります。

 

このようなオメガ3を多く含む食品には、DHAやEPAが豊富な青魚や、えごま油、シソ油、亜麻仁油、クルミなどがあります。

 

魚が苦手な人や食べる機会が少ない人は、定期的にオメガ3を含んだサプリメントなどを摂取し、高血圧の予防に役立てましょう。

極濃えごま油+あまに油 生カプセル 大容量約6ヶ月分

-栄養

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。