栄養

とても大切な栄養素亜鉛。亜鉛不足になると・・・

更新日:

亜鉛は人間にとって必要な量は少量ですが、人間が生きていくのにはなくてはならない栄養素です。

 

亜鉛の働きは多岐に渡っています。

 

例えば、細胞分裂するときには亜鉛が不可欠です。

 

体内では多くの酵素が働き、生命の維持にかかわっていますが、わかっているだけで少なくとも300以上の酵素が働く時に亜鉛が必要と言われています。

 

特に、よくお酒を飲む人は、亜鉛不足になりがちです。

 

なぜなら、アルコールを分解する酵素には亜鉛が必要なものがあり、アルコールを分解する時により多くの亜鉛が使われてしまうからです。

 

また、年齢を重ねてくると消化吸収率が低下するので、年配の方もミネラルが不足しがちになります。

 

もともと、亜鉛自体が吸収の良いミネラルではありません。

 

なので、少食の人、病気などであまり食事が摂取できない人、
あるいは、点滴などで栄養を摂取せざるを得ないような人は、注意しないとすぐに亜鉛不足に陥ってしまいます。

 

亜鉛が欠乏すると、その影響は多岐に渡ります。

 

顕著な症状としては、味覚障害です。

 

味を感じる部分は舌の味蕾というところですが、この味蕾は細胞分裂が盛んに行われている部分で、亜鉛欠乏によって細胞分裂に障害が起こると味を感じにくくなります。

 

重症になると味自体がわからなくなったりします。

 

また、亜鉛不足は湿疹や脱毛などの皮膚などにも影響が及びます。

 

亜鉛は新陳代謝を活性化する作用があるため、欠乏にすると皮膚の新陳代謝の低下やコラーゲンの合成も低下するため湿疹が出やすくなります。

 

また、毛根の細胞も細胞分裂が盛んに行われているるため、亜鉛の不足になると毛髪が抜けやすくなります。

 

寝たきりなどの患者さんなどは、褥瘡ができやすい原因にもなります。

かすり傷や切り傷の直りが悪くなるのも亜鉛不足の症状の一つです。

 

また、亜鉛不足による症状としては、性的な機能低下もあります。

 

精巣や卵巣は細胞分裂が盛んな部位なので、亜鉛が不足すると
男性の場合は、精子の動きが悪くなったり少なくなったりします。

 

女子の場合は、無月経となったりする事もあります。

 

また、血液も盛んに細胞分裂をしています。

 

血液系の症状として現れるのは、貧血や白血球の働きが悪くなる事で風邪をひきやすくなったり、こじらせやすくなったりと免疫機能の低下に繋がります。

 

ひどい場合、感染症によって命を落としてしまう可能性も否定できません。

 

他にも精神的な症状が出る場合もあります。

 

例えば、記憶力の低下、元気がなくなる、手が震える、異常な行動をとるなども亜鉛の欠乏などが影響します。

 

特に注意すべきは、妊婦さんです。

 

妊娠中は二人分の栄養などが必要となり、胎児は母親以上に盛んに細胞分裂をしていますので、胎児の発達などに影響が出る可能性がある為、充分に亜鉛を摂取する事がとても大切です。

-栄養

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。