アンチエイジング

血管を健康に若く保つ方法とは?

投稿日:

私達の血管は、加齢とともに徐々に老化していきます。

しかし、普段の生活習慣や食生活に気をつけることで血管を健康に若く保つこともできます。

 

血管を健康に若く保つ事ができれば、動脈硬化による脳梗塞や脳卒中などのリスクを低減させる事ができます。

 

それでは、血管を健康に若く保つためには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

まずは、血管年齢についてご説明します。

 

 

血管年齢とは?

私達の実際の年齢とは別に、血管にも血管年齢というものがあります。

血管年齢とは、血管の若さを測るための指標で、血管の老化の進行具合を知る目安となります。

qimono / Pixabay

一般的には、私達が年齢を重ねていくと血管年齢も次第に増えていきますが、必ずしも私達の実年齢と血管年齢は比例しません。

 

ある程度年配の方でも血管年齢がとても若い方もいらっしゃいますし、まだ30代くらいでも血管年齢は高い人もいます。

 

年齢を重ねることによって血管は次第に硬くなり、老化していくと言われています。

しかし、血管が老化する原因は年齢だけではありません。

 

血糖値の急激な上昇や活性酸素なども血管の老化に大きな影響を与えていると言われています。

 

逆に考えると、血糖値の急激な上昇を抑えるような食生活を心がけたり、活性酸素を除去させる抗酸化作用のある食品などを普段から多く摂取すれば、血管を健康に若く保つことが出来ると言えます。

 

 

血糖値の急激な上昇を抑えるには?

普段の食生活で糖質を多く摂取していると、細胞が糖化し、次第に血管が硬くなってきます。

なので、普段の食生活では、今までよりも糖質の摂取を抑える工夫が必要となってきます。

 

普段の食事では糖質の量に気をつけるだけではなく、糖質の吸収スピードにも気を付けなければなりません。

 

食事をする際には、まず野菜類を食べ、次に肉や魚などの副食を食べ、最後にご飯やパンなどの主食を食べるといった食べる順番を工夫するだけでも血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

jill111 / Pixabay

野菜類などに含まれる食物繊維には、糖の吸収を阻害する働きがあります。

 

なので、まず最初に野菜類などの食物繊維を食べるといった工夫をすることで、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

 

しかし、普段の食事でいつもたくさんの野菜類を準備することはなかなか難しいかもしれません。

 

そういった場合は、食前に食物繊維をたくさん含んだサプリメントなどを利用すると血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

 

銀座まるかんから発売されているこちらの青汁は、血糖値の急激な上昇を防いだり、糖化を抑制する目的で作られています。


銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁 1箱

 

外食が多い方などは、サプリメントを持ち歩いて食前に摂取するだけでも手軽に血糖値の上昇を抑えることができます。

 

また、血糖値の急激な上昇を抑えるには、食物繊維を多く含む食品を食べる以外に、ご飯を冷やしてから食べる事も効果があるようです。

 

 

活性酸素を取り除くには?

次に血管を健康で若く保つには、活性酸素を除去するのも効果的です。

 

活性酸素を除去するには、普段の食生活で抗酸化作用のある成分を多く含んでいる食品を積極的に摂取するのが効果的です。

 

抗酸化作用のある成分を含んでいる食品は多数ありますが、簡単に手に入るのはクエン酸を多く含むレモンなどの柑橘類が挙げられます。

rawpixel / Pixabay

クエン酸は、細胞内のエネルギー回路を活性化させ、老廃物の除去や代謝を促進させ、活性酸素の除去に貢献します。

 

しかし、毎日このような果物を摂取るするのが難しければ、サプリメントなどを活用するのもいいかもしれません。

 

また、レモンなどの果物以外では、レッドビーツやココアなどのポリフェノールをたくさん含んだ食品も活性酸素の除去には効果的です。

 

ただし、同じココアでもカカオの純度が高い商品を選ぶことが大切です。

間違っても、砂糖がたくさん入ったココアは逆効果になりかねませんので、無糖でカカオの純度の高い商品を選ぶようにしてください。

 


ビーツ 無農薬・無化学肥料 (2Kg)

 


アリサン アリサンココアパウダー 150g

 

 

また、青魚などに含まれるDHAなどの成分も血液をサラサラにして血管を健康に若く保つのに有効だと言われています。

 

活性酸素は仕事のストレスなどによっても体内で増加しますので、普段から運動をしたりして適度にストレスを解消するような心がけも大切であると言えます。

 

 

まとめ

血管年齢が高くなると動脈硬化による脳梗塞、脳卒中などのリスクが高まります。

なので、普段の生活から血管を健康で若く保つことはとても大切なことであると言えます。

 

血管を健康で若く保つポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 急激に血糖値が上昇しないように野菜などの食物繊維を多く含んだ食品を先に食べる
  • 抗酸化作用のある食品を積極的に摂取する
  • DHAなどの血液をサラサラにする成分を含んだ食品を摂取する
  • 普段からストレスを貯めないような生活を心がける

 

血管年齢を若く保つ事によって病気などの心配をせずに、毎日安心して生活する事ができるようになります。

 

食事や運動など、誰にでもできる小さな事で血管を健康に若く保つ事ができます。

まずは、自分ができそうな事から取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

-アンチエイジング
-, ,

Copyright© 健康で楽しく生きるために , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。